今ある環境を良しとして最善を尽くす | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年7月6日木曜日

今ある環境を良しとして最善を尽くす

おはようございます。
楽な方へ行くとレッドオーシャン。本当にそう思います。みんながやっている方に行くのも同じ。ブルーオーシャンは競争が少なくいい市場のように感じるかもしれませんが、前例がないからある意味しんどい。でも先行者利益が狙える。だから楽な方法ときつい方法があったらなるべくきつい方を選ぶようにしています。そして、それ以上に気をつけていること。それは参入障壁をせっせと築き上げること。


今ある環境を良しとして最善を尽くす


この方法の難点は標準化が難しいこと。何しろ誰もやりたがらない方法を選ぶことの連続だからです。そして標準化できたころには競合が増えレッドオーシャンになっているなんてことも・・・だから参入障壁を作ることも同時に考えておく必要があるのです。

究極のブルーオーシャンは規制や法律で守られる業界。でもこれには大きな問題があります。規制や法律で守られる業界のほうがぬるま湯体質になってしまい、結局、競争力がますますなくなり自立できなくなっていく・・・なんてこともある。競争の激しい市場で揉まれる方が鍛えられる側面もあるから、一概にどちらがいいとも言い切れません。

良いライバルが市場に適度にいる豊かな市場が理想かもしれません。まあ、そんなに都合のいいことを期待してもしょうがないので、今ある環境を良しとして最善を尽くすのみ。ようは自己鍛錬。外圧で頑張らされるのは本物ではないのだと思います。競争の激しさに関係なく、クライアントに貢献したい。Webマーケティングを商品・サービス・製造・営業・流通をより良くしていくことに役立てたい。楽な方へ流されない。そうありたいと思います。

この記事もおすすめ
日々の積み重ねが試される
相手に合わせるだけだとムラは大きくなるばかり
顧客理解と自社理解が永遠のテーマ