大切なのは最初の小さな成功 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年9月28日木曜日

大切なのは最初の小さな成功

おはようございます。
雨が降っています。今日は遠出をするので気になります。コンテンツ作りで成果を上げるためのきっかけをつかむための大切な打ち合わせ。データ分析は終わったのであとは行動あるのみです。ここが一番大切なポイントになります。集客してデータ分析し課題を見つけ、コンテンツの充実を行う。思いつきでなくデータに裏付けされた改善を行うことがポイントなのです。仮説を立て行動し実証していく。これがサイトパフォーマンスを上げ、芋づる式に新しいアイデアを実行できるかどうかの分岐点。

大切なのは最初の小さな成功


説得よりも納得

ものすごい分析をするわけではありません。難解なデータをひねくり回すわけでもありませんし、画期的な分析手法を使うわけでもありません。現状と目標のギャップに注目し素直にデータを見るだけ。ポジショントークを排除することがとても大切。客観的な事実を示し、クライアントと一緒に仮説を立てていく。自分の立てた仮説に無理に誘導してもいいことはありません。行動につなげるには説得よりも納得。だから押し付けはよくないんです。

シンプル イズ ベスト

大量のデータでけむに巻いたり圧倒したりするのもよくありません。必要最小限のデータでシンプルに現状を表現する。クライアントにとって分かりやすく、興味や疑問が持ちやすい報告が大切。そして相手が納得するまで丁寧に話し合う。そのプロセスなしに改善を強要しても相手は動きません。コンテンツ強化でのサイト改善はWeb担当者だけで進むことはありません。技術部や営業部の協力なくして生産財のコンテンツマーケティングは不可能。だから、まずはWeb担当者が深く理解し納得することが重要。そうしないと他部署の協力を得ることなんて不可能です。本業の合間を見つけ面倒なライティングをしてもらうわけです。だから、丁寧にコンテンツが必要な根拠を理解してもらう必要がある。その時に分かりやすく客観的なデータがあることが役に立つのです。

情報発信するところに情報は集まる

大切なのは最初の小さな成功。その体験を共有することができれば、協力が得られやすくなります。そしてコンテンツが充実しサイトが成長するたびに改善は加速するようになります。PDCAの循環が途切れなくなるのです。そこまでいけば自然とWebサイトは更新され、情報発信するところに情報が集まる好循環が始まります。そして時間が経つほどサイトパフォーマンスは良くなります。

この記事もおすすめ
リニューアル1年後の報告にこだわるわけ
うちにはないから他をあたってくれ!
Webサイトは会社を映す鏡

このブログを検索