2018年のテーマが決まりました | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年10月6日金曜日

2018年のテーマが決まりました

おはようございます。
もう週末ですね。仕事の渋滞も次第に解消し、新しいことに着手できそうです。今回の渋滞は1か月半くらい。少し長めでした。そのおかげで改善のヒントが多く見つかり渋滞中に業務効率を上げることができました。でも、理想には遠いので焦らずに地力をつけていきます。もう一つのテーマである”標準化”もできるところから少しづつ範囲を広げようと思っています。

2018年のテーマが決まりました


個人商店にない強さにこだわる

個人商店ではなく組織としても強みを追求しようと思っているのです。だから標準化は絶対条件。属人的な仕事は尊敬に値し大好きですが、それに頼るだけでは組織とはいえません。未経験者にスピーディーに仕事を覚えてもらうノウハウ。誰がやっても一定の品質を担保できるノウハウ。それが個人商店にない強さ。個人としての差別化から組織としての差別化に昇華するには標準化が不可欠。

基本の型をベースにする

クライアントごとに目標、現状、課題、ビジネスモデル、市場環境は違うけど、全体を俯瞰して大きな視点で共通項を見つけ出しマーケティングの型を作る必要を感じています。まず基本の型を作ること。それをベースにクライアントごとに丁寧にカスタマイズするのが手順。基本の型もなく手探りでゼロから始めない。そのための標準化。だから標準化がすべてではないのです。ゼロからではなく型に従ったほうがスピードも上がり属人的になりがちな提案の品質も安定する。

真似されない工夫からの方向転換

その人なりの提案はあったほうがいいのです。でもそれは基本の型を守ったその先にあるもの。Webマーケティングは対象が広く作るべき型も多いのでひとつづつ取り組みます。そして、実践の中で何度もブラッシュアップして形骸化させない。このことが来年の大きなテーマになりそう。長いこと属人的な仕事にこだわり、真似されないための工夫ばかりしてきたので非常に難しい挑戦になります。いわゆる苦手な部類の仕事。でも、やりきろうと思います。

この記事もおすすめ
真似されない強みと標準化の両立
新しいことにチャレンジし、精度を高め標準化する
時間差で成果が出る仕掛け

このブログを検索