予算が取れず動きたくても動けない | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2017年12月21日木曜日

予算が取れず動きたくても動けない

おはようございます。
小さなことをコツコツとやっています(笑)。今、あるクライアントで行っていることです。コンテンツマーケティングに興味を持ってもらうためにすごく小さなことを仕掛けているのです。

予算が取れず動きたくても動けない

追加費用のかからない一歩

それは追加費用のかからない更新。更新を続けることでPVが増えることを示そうと考えているのです。そのためには一工夫が必要。お知らせを更新するだけでPVが伸びることはないからです。サイト運営を自分毎にしてもらうためには手ごたえが不可欠。それが今回のコンサルティングの肝なのです。最初の小さな一歩。それを踏み出せないと次の一歩はない。単純な話です。一歩も進まなければいずれ私も用なしになる。だから必死です(笑)。更新のネタがなければヒントになるデータを提示するし、予算がなければ捻出のために知恵を絞る。

理解を得るための第一歩

一人で頑張っても意味がないのです。成果はクライアントの行動次第。本気になれば予算の問題はクリアします。キーマンが本気でも周りの理解を得るには実績が必要。そのための取り組みです。誰が見ても分かる成果。最初は追加費用のかからないことで、次は小さな投資で再現してみる。そして大きな投資で大きなリターンを狙っていく。段階を追って前のめりになって欲しいのです。

サイト運営の前の障害を取り除く

まだまだ先は長く障害も多くあります。本丸のWebサイト運営の前に立ちはだかる障害。それは周辺の理解だったりします。予算が取れず動きたくても動けない。協力が得られない。そうした現場をなんとかしたい。すぐには仕事にならなくても、こうした現場のサイト運営を前に進めていくのが自分の役目かもしれません。以前は経営者からWebマーケティングをアウトソーシングしていただくことが多かったのですが、最近は中堅企業との付き合いが増えこれまでと様子が変わってきているのです。だから小さなことをコツコツと予算をかけずに積み上げることも時には行います。

この記事もおすすめ
行動を引き出すノウハウがコンサルティングの肝
大切なのは最初の小さな成功
小さな生産財メーカーのWebサイトを変えたい

このブログを検索