ボトルネックを解消すれば、次のボトルネックが生まれる | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2018年4月16日月曜日

ボトルネックを解消すれば、次のボトルネックが生まれる

おはようございます。
予定よりも早く資料が仕上がり、気分よくスタートが切れます。そして、新しい依頼もいただいたのでペースアップしていきます。


採用が新たなボトルネックに

依頼内容が多岐にわたるので、今まで通りでは厳しくなる。仕事の取捨選択をシビアに行います。まずは自分の仕事を徹底的に見直します。それで足りない場合は依頼を受ける仕事の範囲を見直そうと思います。慣れた仕事は他人に引き継ぎ、未経験の仕事に集中することを考えています。慣れた依頼に絞り込むというのは楽だけど危ない感じがするのです。小さくまとまるだけなんじゃないか?と・・・。だから、いつも挑戦。中小・中堅の企業にとって採用が大きなボトルネックになっています。Webサイトを採用にも活用したいというニーズが確実に増えています。リード獲得に特化していましたが、採用のみならず代理店支援や社内の情報共有にも踏み込んでいきます。

作った時間で新しいことに挑戦する

いつの間にかクライアントのニーズが変化していたのです。とてもいい傾向。ボトルネックを解消したから、次のボトルネックが生まれたのです。いつまでもリード不足解消だけしてれば良いということではないのだと思います。未経験のことも多く手探りですが、経験した範囲にとどまっていたら成長できない。リスクがあっても構いません。目の前の依頼をこなしながら先を見据え、新しいことも吸収していく。そのための時間確保が優先的に取り組む課題。仕事を取捨選択し、無駄を省いてスピード対応する。そして作った時間で新しいことに挑戦する。そのために今日1日の段取りを組み、目の前の作業に集中しようと思います。今日も1日頑張っていきましょう。

この記事もおすすめ

このブログを検索