営業活動や製造現場とWebサイトはつながっている | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2018年4月23日月曜日

営業活動や製造現場とWebサイトはつながっている

おはようございます。
4月も残り1週間。時間を大切に使おうと思います。今日はクライアントの営業研修に参加します。自分のコンサルティングではありませんが、クライアントの取り組みをより理解することで、自分の仕事も前に進むと考えています。



顧客を理解しWebサイトとのギャップを埋める

営業活動や製造・開発とWebサイトはつながっています。だから少しでも深く知りたい。労力をかける分、徹底的に理解したいと思います。そこまでしなくてもサイト運営できるのも事実。効率は悪いけど、こうした経験を他のクライアントにも役立てようと思います。自分の目で確認したものとWebサイトのギャップを埋めていき、その反応を分析し手直しする。こういう積み重ねがサイト改善の肝。定期的に実際のビジネスとWebサイトのギャップを確認する意義は大きいのです。

営業が前に進めばWebサイトも前に進む

今回は営業研修を見学するのです。営業が前に進めばその分Webサイトも前に進むことになる。その必要を肌で感じるいいチャンス。これまで工場見学や新製品の説明には多く立ち会いましたが、営業研修への立ち合いは初めてです。リード獲得して営業に渡す仕事をしているのです。だから営業の歩留まり向上は自分の評価に直結する重要事項。これまでこういう場を作らなかったことを反省しています。マーケティングがいくら頑張っても、営業が商談をまとめなければ意味がありません。営業の実態を把握し、適切なリードを供給する。サイト運営の目的に立ち返り現状と目標のギャップを見つめ直す。考え方はいつも同じ。今日も1日頑張っていきましょう。

この記事もおすすめ
戦略にWebサイトを合わせていくだけ
動く人にチャンスは来る
ボトルネックを解消すれば、次のボトルネックが生まれる

このブログを検索