うれしいご連絡 | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2018年6月11日月曜日

うれしいご連絡

おはようございます。
とてもありがたい連絡をいただきました。クライアントを紹介していただいた企業様からのものです。新規公開したWebサイトを見てサイトリニューアルのご相談をいただいたのです。仕事を評価していただいたということが一番の励み。スケジュールは厳しいけど、期待に応える仕事をしようと思います。



紹介案件はプレッシャーが2倍


紹介案件はプレッシャーが倍かかります。クライアントへの期待は当然のこと、紹介いただいた人の顔をつぶせないからです。今回の案件もそうでした。だからこそ、ご本人からの新たな相談がとてもうれしかったのです。お礼は仕事で返そうと思います。今、紹介案件を4件抱えています。だからプレッシャーは大きなものになっています。それと同時に喜びも大きい。仕事を評価していただけた証拠だからです。売り込みをしないで仕事に打ち込みアフターフォローを欠かさない。決めたことを丁寧に繰り返すだけです。そのなかで無駄を省き、生産性を上げていくために知恵を絞る。一歩、思い描いた理想の形に近づいたように思います。

少し前進。だけど、まだまだ。

とはいえまだまだです。ほんの少し前に進んだだけ。やらなければならないことは山積み。やりたいことも多くあります。限られた時間の中で優先順位をつけ、ひとつづつ確実に実行しようと思います。そして、クライアントも同業者も日々進歩していることを忘れてはなりません。クライアントや同業者のほうが成長していれば飽きられてしまうということを。プッシュセールスをしないと決めたので、声がかからなければあっという間に閑古鳥が鳴くことになります。飽きられないよう日々努力し、情報発信しながらブラッシュアップをしていく。アウトバンスセールスでの情報発信は”売り込み”だけど、インバウンドセールスの情報発信は”お役立ち情報”。情報発信の質が違うのです。その結果として、クライアントや新規顧客から声をかけていただき新しい案件にチャレンジする。そのために自己投資を継続する。そして信頼を積み重ねることができるよう今日のタスクを確実にこなそうと思います。

この記事もおすすめ
充実したサポートなくして紹介はない
ちょっと前進
密着しても依存しない

このブログを検索