サイトリニューアルのセカンドオピニオン | 製造業のWebマーケティング | 宮本 栄治
2018年7月20日金曜日

サイトリニューアルのセカンドオピニオン

おはようございます。
サイトリニューアルの前後の疑問や不安にこたえるセカンドオピニオン。そういった存在があってもいいかなと考えています。



客観的に提案を評価して欲しい

思い立ったら吉日。具体的に行動に移してみようかな?と思います。サービス内容や料金など詳細はこれからだけど、セカンドオピニオンを使うことで安心してリニューアルを進めて欲しい。クライアントと制作会社の間の知識レベルの差が大きすぎ、コミュニケーションが上手く取れていない現場が多いのです。それぞれの立場や状況をうまく理解できないためのすれ違いによる不安と不満。それをなくしていきたいのです。多くの制作会社ではまじめに良いものを作ろうと努力されています。しかし、すべての現場でよいものができているとはいえません。クライアントの希望とはかけ離れたり、逆にクライアントのリクエストで本来のパフォーマンスが出せなくなることも見受けられるのです。納期や予算、サーバー環境など制約条件もあり簡単な話ではありませんが、少しでも希望に近づけるために役立ちたいのです。

疑心暗鬼をなくしたい

結果として全く問題なく、そのまま進めたほうが良いというアドバイスをすることもあるでしょう。というよりもそれが理想。付き合いのある制作会社の提案でよいことに確信をもってリニューアルを進めるのが理想です。疑心暗鬼のまま進める現場をなくしたいのです。スポットでのアドバイス。自分主導でコンサルではないけどそういったサービスがあってもいいかなと思います。3C分析やアクセス解析を活用したサイトリニューアルのセカンドオピニオン。生産財業界を熟知した自分にできるセカンドオピニオンというものを提供してみようと思います。

この記事もおすすめ
制作会社はもっと営業すべき
ユーザーに支持されるサイトの条件
Web診断は49テーマ245社を予定しています


このブログを検索